ヤマちゃん 味の代表
ヤマちゃん
株式会社 山下食品
トップ 会社案内 商品案内 品質管理・販売システム お問い合わせ
会社概要
社長挨拶
社長挨拶
 当社は、昭和35年3月、船橋市宮本町で餃子・焼売の製造販売を開始致しました。
 営業開始当初より好調な売れ行きを見せ、昭和38年1月有限会社山下食品を設立、本社工場を現在の船橋市田喜野井に移転して本格的な工場生産に入りました。
 昭和41年には、子会社山下産業株式会社の設立で全国販売網を確立し、翌年1月、味の代表「やまちゃん」をトレードマークとして、徹底した衛生及び品質管理のもとで首都圏の主要量販店に直接納入を開始致しました。昭和61年9月、さらに売上倍増を図る第一次5ヵ年計画をスタートさせ、消費者ニーズの多様化に応える体制を整えるため、これまでの大量生産から多品種少量生産に備え、新工場も設立いたしました。平成元年9月には、顧客件数と商品アイテムの増加に対応すべく大型コンピュータを導入、第2餃子工場にも着手しました。
 当社の製品は、一切防腐剤を使用しておらず、皆様に安心して召し上がっていただくことを第一としております。
 今後とも「やまちゃん」の製品に一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
山下社長

代表取締役社長 山下清治
役員
代表取締役 山下 清治
  取締役 山下 金良
  取締役 藤井 峰昭
 監査役 山下 廣光
沿革
昭和35年  3月 初代社長山下輝男が船橋市宮本町に山下食品(個人)を創業、餃子及び焼売の製造販売を開業。
昭和38年  1月 有限会社山下食品を設立し、個人営業を吸収し、本社工場を現在地に移転
昭和41年  9月 全国的に販売網を展開する為子会社として、山下産業株式会社を設立し、当社製品のほかに仕入商品の販売を開始した。
昭和42年  1月 首都圏の主要量販店に直接納入を開始する。
昭和55年  5月 出資金2,500千円を15,000千円に増資する。
昭和58年  2月 同20,200千円に増資し、生産設備の近代化と生産増強に備える。
昭和61年  9月 売上倍増を旗印に第一次5ヵ年計画をスタートする。
平成 元年  9月 顧客件数と商品アイテムの増加に対応すべく大型コンピュータを導入する。
平成 元年 11月 手造りサラダを中心とした第二サラダ工場が完成する。
平成 4年  3月 第二餃子工場完成
平成 6年  1月 有限会社山下食品を株式会社に組織変更する。
平成 8年  3月 株式会社山下食品と山下産業株式会社を合併し、新たに株式会社山下食品(資本金23,200千円)としてスタートする。
平成10年 10月 山下清治が代表取締役として就任する。
平成11年  5月 すべての配送車を冷凍・冷蔵車に切り替える。